2017年08月18日

シモ〜三恵子〜直也

‪  この間、パスポート更新の為に戸籍謄本を入手した。
戸籍謄本って、色々な事がわかって面白い。

母、三恵子の母、
つまり僕にとってのおばあちゃんの名前は、
「シモ」だったと初めて知る。
おばあちゃん、シモなんだねー。
よくシモに可愛がられた記憶がある。
佐渡弁で何を言っているかよくわからなかったけど、私を見る時、めちゃくちゃ笑顔だった。

シモ〜三恵子〜直也(わたしの本名)。

確かに受け継いだ何かがある。
それを音楽に変換する事が、
わたしに出来ること。
シモさん三恵子さん、ありがとう。

母の命日に想う。

posted by 円山天使 at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

三恵子ちゃん

 夏ですね。
夏の音、蝉の声。
実は、蝉は暑いのが苦手らしいです。。
でもそこは蝉の意地なんでしょうかね、
今日もしっかりと、夏の音を奏でくれてます。

母、三恵子ちゃんが旅だってもう10年なんですね。  
そうか、会わなくなって10年か。  
記憶の中の三恵子ちゃんは、 いつも笑顔ですが、
時々すげー怒ってます笑。
とてもやさしかったし、とてもきびしかった人。  

あなたに影響を受けた沢山の事を感じながら、
これからも少しづつ進んでいきますね。  

1970年12月24日から、2006年8月18日。
三恵子と僕が出会って、そして、さようならの日です。  

あまりにも美しすぎる写真と共に。 
FullSizeRender.jpg

posted by 円山天使 at 08:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

中学生の時、
同級生の関口君の家で、
ステレオの前に正座して大音量で初めて聴いたのが、
アルバム『Let's Dance』。
ボウイ初体験。
一曲目のモダンラヴのイントロを聴いたときの、
においとか、映像とか、状況とかすごく覚えてます。
その衝撃。
まだまだカラダの中にしっかりと余韻が残っています。

最後のアルバムになった『Black Star』。
傑作アルバム。
キャリアの最後の最後まで、
攻め続けた証。

やっぱり、音楽は、芸術は、
美しく、魂のこもったものでなくてはいけない。

そう教えてくれた。
あの頃の僕にも。
今の僕にも。
posted by 円山天使 at 08:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

僕の原点


お母さんへ。
僕がまだギターを始めたばかりの頃、
あなたが僕のギターを聴いて、
気持ち良さそうに寝てしまった時の事を、
今でも凄く良く覚えています。
その時の感触さえも。

今想えば、あれが僕の音楽の原点かもしれません。

僕がこうして音楽が出来ているのは、
お母さんが産んでくれたおかげだ。

もっともっと自慢出来る様な息子になるね、お母さん。

三恵子ちゃん!
見守ってくれてありがとう。
ステージにいる時、
必ずあなたの事を想っています。

神様より三恵子様だね、笑。

2015年8月19日
命日より一日遅くなってしまってごめんね。

posted by 円山天使 at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

『残像』

「残像」
昨日は、久しぶりに映画を観た。
カートコバーンのドキュメンタリー映画。

カートは、なんだかとても痛々しく、
常にヒリヒリしていた。
終わりに向かって突き進む目をしていた。

でも、彼のステージでの音楽に対するエネルギーや、
表現をする事への情熱がとてもまっすぐで、
子供のようで、
芯の純粋さを表していた。
いい男だった。

今日、7月1日
恩師、天野滋さんの命日。

この日が来ると、とても単純な気持ちになる。
ただただ感謝しています、とても。

僕はありがたい事に、
天野さんの残した曲達を演奏する事が出来ている。
それは、確実に僕の心を揺らしている。
まだあなたが生きているかのように。

あなたの曲を演奏する度に思う、
みんな、あなたの残した残像の欠片を拾い集めているみたいだ。
その残像を、風船のようにして沢山空気に放つ事、
それが、僕のギターの役目なのかもしれない。

会えない寂しさを少しだけ引きずりながら、
今日はギターを弾こうと思います。


そうそう、天野さんもカートに負けないくらい、
いい男ですよ。

11403429_1018417931504314_5959784669624373080_n.jpg
posted by 円山天使 at 08:24| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

44才!

 44才になりました。
ゾロ目だ。
44才までは四捨五入しまくると0才だ。
45才から四捨五入しまくると、100才だ。
意味不明!
とにかく無事にここまで生きて来れて、
感謝しています!!
ありがとう!!

昨日はりんちゃんにとても凄い肉と、
とても素晴らしいケーキをごちそうになりました。

ありがたい!幸せ!

二人ともクリスマスプレゼントに選んだのは、
大きな財布でした笑。
よりよい日々を迎えられますようにと。


IMG_3851.jpg
A5霜降りまくりじゃー!


IMG_3853.jpg
つつじヶ丘の名店ウィスタリアのケーキじゃー!


皆様も良いクリスマス、そして年末をお迎えください。


posted by 円山天使 at 15:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

天野さんへ

 7月になりましたね。
折り返し、もう今年も折り返し。

うちの近くの道に、
東京オリンピックのマラソンの時に使われた、
折り返し地点があります。
ランナーの方達は、
どんな事を想いながら折り返したのでしょう。

折り返しの7月1日。

僕にとって、特別な日です。
恩師、天野滋さんの命日です。

すごくデタラメでどうしよもない僕の事を、
早くから認めてくれていた人。
自信も頂いたし、それ以上の何かも沢山頂いた。

この間、フジテレビの音楽番組に出たとき、
プロデューサーのきくち伸さんとお話した。
もちろん天野さんの事を。
とても気さくに、まるで友達の様に話して頂いた。
天野さんてそういう存在。

1日の朝、
天野さんとかお母さんとか、
りんちゃんのお父さんとか、
エンボスの小山さんとか、
亡くなった方々の集まる、
部屋のサイドテーブルにお線香をあげた。
ついでに、
僕が毎日飲んでいるグリーンスムージーもあげた。
笑。
亡くなっても健康は大切なのだろうか。
そんな事を考えながら、
天野さんに伝える。


天野さんへ
会えなくなってから9年です。
まだまだちょっと寂しいです。
本当は本当にもっと一緒に作品つくれたら、
よかったなあと今でも想っています。
僕は、結構成長しましたよ笑。
そしてありがたい事に、
僕はまだ音楽を続けられています。
これからも、見守っていてくださいね。

そうそう、今度渋谷公会堂で演奏しますよ。
天野さんの背中を見ながら演奏したあの場所。
あの映像は今でも鮮明に覚えています。
もうすぐ今の渋谷公会堂は無くなるんだって。
なんか寂しいですね。

あなたの背中に向かって、
思いっきり演奏したいと思います。


ではまた。




posted by 円山天使 at 13:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

橋本潤さん

 先日、橋本潤さんの告別式に行ってきました。

潤さんが色々な人達に愛されていた事が、
とてもよくわかる心にずんと来る時間だった。

僕が吉祥寺に住んでいたのは、
20代前半。
僕は潤さんの家の近所に住んでいたんだよね。
僕が歩いてバイト先(マンダラ2)に行くときに、
潤さんはベランダから、
「まるちゃーん」
と言って手を振ってくれたことがあったりした。

その時の笑顔が僕にとっての潤さんの顔だ。

潤さんは笑うと、
とてもかわいいんです笑。

潤さんのベースはどんな時も潤さんだったなあ。
人の要素のようなものがちゃんと出る人だった。

お別れの時、
肌寒く風の強いだった。
お寺さんのよく見る木々から、
花のような花粉のようなものが降る。
あれはなんと言う名前なんだろうなあ。

あの花のような花粉のようなものが降る度、
これからは潤さんの事を想える。

ちょっと寒かったけど、
あの風は、
潤さんを連れてきてくれる風だ。


おやすみなさい



posted by 円山天使 at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

うつ伏せと仰向け

 花粉。手強いです。
今は花粉の恐怖に負けてしまい、
散歩をお預け状態です。
犬なら死活問題です。

散歩の代わりという訳ではないですが、
最近は整体に行ってます。
長年のギター生活のせいなので、
カラダのバランスがおかしいようでなので。
カラダを整え、良いギターを弾きたい。

そこで気がついたのですが、
僕は「うつ伏せ」と「仰向け」が、
苦手。
一瞬、どっちがどっちだったかわからなくなる。
「仰向けになってください」
と言われ、
「えっと、えとー」
と考えてしまう。

大丈夫でしょうか。

これと似た現象で、
左折と右折も、右が左か言葉の響き的に迷う。
「さ」が右で、「う」左に感じる。
これはもう感覚的にずっとそう。

だめでしょうか。

ちなみに、
レフトとライトは絶対に間違わないけど。

そんな事自慢して良いんでしょうか。。

よい一日を。




posted by 円山天使 at 10:55| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

白餡

東京は、春模様。
さくらが咲きたそうだ(まだです)。

さくらと言えば桜餅が美味しい。

前は、
白餡好きじゃなかったけど、
最近食べれるようになった、
むしろ美味しい。

味覚も変わって行くのですねー。

あと最近、
食器が好き。
前はあまり気にしてなかった。

そのうち盆栽が好きとか言い出しそう。
まだその境地までは行ってない。

43才の春。
posted by 円山天使 at 11:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする